グルテンフリー生活の効果とは?ニキビや肌荒れへの効果やいつから効果を実感できるのか

プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手など、数々の有名人が実践していることで話題を集めているグルテンフリー。

実際にグルテンを避ける食生活を送っている人からは「肌がきれいになった」「疲れにくくなった」といった声が多数上がっており、グルテンフリーは近年日本でも注目されているんです。

ですが、グルテンフリー生活がもたらす効果の信憑性やどのくらいの期間が経過すると効果が現れるのかなど、いまいちよく分からないという人も多いと思います。

そこで本記事では、グルテンフリー生活がニキビや肌荒れに与える効果や、いつ頃からその効果を実感できるのかについてご紹介していきます。

グルテンフリーの食事にすることで得られる効果

グルテンフリーとは、名前の通りグルテンという物質が含まれる食材を避けた食生活を意識することを指し、健康に人一倍気を使っているという人や世界の有名人などから近年大変注目されている食事法なんです。

そんなグルテンフリーの食事を意識することで、一体どのような効果が得られるのでしょうか?

①腸内環境が整う

グルテンフリーの食事を意識することで得られる一つ目の効果は、腸内環境を整えることができるという点です。

というのも、グルテンはもともと分解されにくい物質であるとされており、普段からグルテンの摂取量が多いと消化に労力がかかってしまい、腸の働きも悪くなってしまうんです。

そのためグルテンフリーの食事にすることで自然と腸の働きが活発になり、腸内環境の悪さが原因で起こっていた体の不調が治るなんてことも。

②集中力が高くなる

グルテンフリーの食事により得られる二つ目の効果は、集中力の向上に繋がるという点です。

実は、グルテンが脳に与える影響には麻薬と似ている部分があり、過剰に摂取することで一時的に興奮状態になってしまうんです。

そのためグルテンフリーの食事をすることで脳を正常に保つことができ、自然とイライラしにくくなったり集中力アップに繋がるのです。

③ダイエット効果

グルテンフリーの食事にすることで得られる三つ目の効果は、ダイエットです。

グルテンフリーの食事は小麦製品を避けるため、自然と高カロリーな食事が減ることでダイエットにもなるのです。

また、グルテンによって炎症が起こされた際に分泌される肥満の原因サイトカインの分泌量が減ることで、グルテンフリーを意識し始めたら体重が減ったという事例もあります。

グルテンフリーは効果がない!という話の真意は?

さまざまな効果が得られることから多くの人に注目されているグルテンフリーですが、中には本当に効果が得られるのかと疑問に思っている人もいると思います。

またよく言われているのが、グルテンフリーにはダイエット効果がないというもの。

実際のところグルテンを避ける事ももちろん意味を成しますが、それと共に食生活の改善やカロリー摂取量の減少なども相まってグルテンフリーの効果として現れるとされています。

というのも、グルテンフリーの食事を意識するとなると小麦製品はほとんど食べられませんよね。

ですが、私たちがよく口にする小麦製品には揚げ物やお菓子、麺類などカロリーが高く油分の多いものばかり。

それがグルテンフリーの食事になると一切口にしなくなるため、グルテンだけでなく脂質や糖質なども自然と控えることができるのです。

もちろん極度な制限は体の不調の原因にもなりますが、脂質や糖質の取りすぎは肌荒れや肥満などを引き起こす原因にもなります。

そのため、食生活をグルテンフリーにすることで自然と体にも良い影響を与え、それがグルテンの摂取量を控える事と相まって効果として目に見えるのです。

グルテンフリーが注目される中その効果の真意に疑問を抱く人もいるかもしれませんが、グルテンを避けることはもちろん食生活の改善にも繋がることでさまざまな効果が得られるのです。

【目安期間は2週間?】グルテンフリー生活の効果はいつから出てくる?

グルテンフリーの食生活により得られる効果には、先ほどご紹介した例以外にも頭痛の改善や睡眠の質の向上など、さまざまなものが挙げられます。

ですが、食事においてグルテンフリーを意識する上でどのくらいの期間で効果が見られるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

そんなグルテンフリーの効果は、基本的には2週間ほどで現れるとされています。

この2週間という期間が長く感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、早い人は1週間ほどで効果を感じる場合もあります。

というのも、特定の食材の摂取を制限した際、ほとんどの人は好転反応と呼ばれるいわば毒出しのような症状が現れるのです。

グルテンの摂取を控えることで起こるとされている好転反応には、頭痛や体のだるさ、眠気などが挙げられ、普段どのくらいグルテンを摂取しているかによりこの好転反応の重さや現れる期間などが異なります。

好転反応が現れる期間の平均は1週間ほどとされていますが、普段からあまり小麦製品を口にしていなという人であれば全く好転反応が現れない場合もあり、さらにこの好転反応が現れる期間を超えると徐々にグルテンフリーによる効果が現れ始めます。

そのため、グルテンフリーによる効果は基本的には2週間ほどで感じることができますが、場合によっては1週間や1ヶ月など個人差があるのです。

グルテンフリー生活は肌荒れ、ニキビへの効果はあるのか?

体の不調が改善されたりダイエットにも繋がるとされているグルテンフリーですが、肌荒れやニキビの改善には効果は見られるのでしょうか?

答えは、イエスです。

というのも、グルテンという物質には分解しにくいという特徴があり、そのため小腸の炎症を引き起こす原因となってしまいます。

小腸が炎症を起こしてしまうと、摂取した栄養が上手く取り入れられず結果としてニキビや肌荒れに繋がってしまうのです。

また、グルテンの含まれる小麦製品には高カロリーなものばかり。

そのため普段から小麦製品をたくさん食べていると、グルテンだけでなく脂質や糖質なども大量に摂取してしまいます。

脂質や糖質は摂取量が少なすぎてもダメですが、あまり過剰に摂取してしまうと肌トラブルの原因にもなり得ます。

そこでグルテンを避けた食事を意識することで、腸内環境も整いさらには自然と高カロリーな食べ物を避けることができ、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの元を避けることができるのです。

グルテンフリー生活の効果まとめ

ここまでグルテンフリー生活をすることで見られる効果についてご紹介してきましたが、何か参考になることはありましたでしょうか?

グルテンフリーは、もともとの体質や食生活などから効果が現れるまでに個人差があるものです。

また、グルテンの摂取を控えることで腸内環境が整ったりダイエット効果が得られたりと、さまざまなメリットも得られる事も分かりました。

もしグルテンフリーに興味はあるけど始めるきっかけがないという人は、ぜひ本記事を参考に少しづつグルテンフリー生活に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。