コンビニで気軽に買えるカップ麺やお菓子などをご紹介!ロカボとの違いは?

プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手が実践したことを機に、世界中で絶大な人気を見せているグルテンフリー。

日本の有名人なども取り入れていることから、近年日本国内においても話題沸騰中の食事法なんです。

そんなグルテンフリーですが、食べられる食材にかなりの制限があることからそこで食材を買えば良いのか悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで知ってほしいのが、私たちの生活にとても身近なコンビニでもグルテンフリー対応の食材がたくさん販売されているということ。

今回は、コンビニにて購入できるグルテンフリーの食材やロカボとの違いについてご紹介していきたいと思います。

コンビニでもグルテンフリーが流行中!!

グルテンフリーとはグルテンが含まれている食材を避けた食事法の事を指しますが、小麦粉はもちろん、大麦などにもグルテンが含まれているため、それらを使用した物は全て控えなければなりません。

そのためパスタやパン、お菓子、ラーメン、ピザなど食べられない食材がかなり多いことから、気にはなっているけれど中々始められないという人もいると思います。

実際、グルテンフリーを取り入れている多くの人はこの食材の制限に悩まされることも多いそう。

しかしそんな人にこそ知ってほしいのが、私たちの生活の味方であるコンビニの存在です。

いくらなんでもコンビニにグルテンフリー対応の物が売っているわけないと思うかもしれませんが、近年多くの人が実践していることもあり、グルテンフリーに対応した商品をいくつも販売しているんです。

また、グルテンフリーを始める前はあまり意識していなかった食材でも、原材料を見てみると意外にもグルテンが含まれておらず食材のレパートリーが広がることも。

グルテンフリーの生活をしていると、今日は自炊をしたくないなという日でも気軽に近くのコンビニやスーパーでご飯を買うことができいないため、少し不便に感じてしまうものです。

そのため、全国各所にたくさん存在するコンビニでもグルテンフリーの食材を購入できるのはとても嬉しいですよね。

ロカボってよく聞くけど何が違うの?

健康を意識した食生活を心がけている人であれば一度は聞いたことのあるであろう”ロカボ”ですが、グルテンフリーと混同しているという人も多いのではないでしょうか。

先ほども少しご紹介しましたが、グルテンフリーとはグルテンが含まれている食材を避けた食事法の事を指します。

一方でロカボは、糖質に重点を置いた低炭水化物ダイエットの略称で、肥満や糖尿病の治療をはじめとし適正な糖質の摂取を目標にした食事法になります。

一般的に適正とされている糖質量は一食に20~40gほどと言われていますが、ほとんどの日本人は知らず知らずのうちに1日300g以上物糖質を摂取しているのだそう。

そこで生まれたのが、このロカボという食事法なんです。

糖質や脂質のとりすぎを気にする多くの人は、炭水化物を完全に抜いてしまったり過度な食材制限をしてしまうこともあるかと思いますが、ロカボのモットーは”糖質量さえ意識していれば何を食べても良い”というもの。

そのため、一見どちらも同じような食事法に思えますが、食事の内容や目的などがかなり異なります。

コンビニで買えるグルテンフリーのパンやお菓子って美味しい?

世界銃で流行しているグルテンフリーですが、近年では日本国内でも多くの人が関心を寄せています。

そのため、私たちにとってとても身近なコンビニやスーパーなどでもグルテンフリーに対応した食材を多く販売するようになったりと、以前よりもグルテンフリー対応の食材が多くなりました。

しかしそこで問題となってくるのが、”美味しさ”です。

いくらコンビニで売っているとはいえ、グルテンフリーに特化したパンやお菓子市販は美味しくないのではないかと思う人も多いでしょう。

いくら健康に気を遣っているとはいえ、美味しくない物を食べ続けるのはとても辛いですよね。

ですが安心してください。

コンビニで販売されているグルテンフリーの食材は、全て美味しい物ばかり。

グルテンフリーに重点を置いているため多少の違いはあるかもしれませんが、私たちが普段口にしているパンやお菓子との違いはほぼありません。

そのため、コンビニにあるグルテンフリー食材は人を選ばず美味しく食べていただけますよ。

コンビニで買えるグルテンフリーのパンやカップ麺の一覧

①インスタントヌードル

1つ目にご紹介したいのが、どのコンビニにも必ず置いてあるインスタントヌードルです。

グルテンフリー生活中はラーメンやカップ麺などを食べることができないため、麺類が恋しくなってしまうという人も多いですよね。

ですが、コンビニで販売されているインスタントのフォーや春雨などはさまざまな種類の味もあり、グルテンフリー中にどうしても麺が食べたくなってしまった時などにオススメです。

②セブン限定!ポンデケージョ

2つ目にご紹介するのは、グルテンフリー生活の味方になってくれるであろうポンデケージョ。

ポンデケージョとは、タピオカデンプンとチーズを使用したもちっとした食感が特徴のパンになります。

こんなに美味しいのに本当に小麦粉を使用していないのかと疑ってしまうほど普通のパンとなんら変わりのない味わいなんです。

セブンイレブンのみで販売されており、中には取り扱いのない店舗もあるため注意が必要です。

またパン類の棚ではなく冷凍食品の場所に陳列しているため、お探しの際は注意してくださいね。

③チョコやゼリーなどのスイーツ

最後にご紹介するのは、つかれてしまった時やちょっとしたご褒美に食べたくなるスイーツです。

グルテンフリー中はケーキやクッキーなどを食べられないため、甘いものが食べたい時はどうしたら良いのかと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ですが、コンビニで販売している普通のチョコレートや杏仁豆腐などのゼリーはもちろん、中にはグルテンフリーのスイートポテトなどを販売している店舗もあるんです。

グルテンフリー中に甘いものが食べたい時は、ぜひコンビニで探してみてくださいね。

グルテンフリーとコンビニまとめ

今回は、コンビニで買えるグルテンフリーの食材やロカボとの違いについてご紹介してきましたが、何か参考になる事はありましたでしょうか?

グルテンフリー中は食材の制限もかなり多いため、食材選びや購入するお店など悩んでしまう人も多いと思います。

ですが、近年コンビニではグルテンフリーの物を多く取り扱っている他、意外にもグルテンフリーの食材は沢山あるんです。

グルテンフリーの生活に飽きてしまったり、普段の自炊に疲れてしまった時など、ぜひコンビニを利用してみてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。