グルテンフリーってなに?グレインフリーとの違いとは?本当に痩せる?

有名プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手や女優のミランダカーさんなど、数多くの有名人も取り入れているグルテンフリーの食事法。

近年では、海外だけでなく日本でも一躍話題となっています。

そんなグルテンフリーにはダイエット効果があると言われており、痩せるためにと実践している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、グルテンフリーのダイエット効果やグレインフリーとの違いについてご紹介していきたいと思います。

グルテンフリーってよく聞くけどなんだろう?

健康により意識を向けている人の間で絶大な注目を集めているグルテンフリーですが、耳にはするけれどいまいち分からないという人も多いですよね。

そもそもグルテンとは、小麦粉などに含まれるグルテニンとグリアジンという2つのタンパク質が結びついてできたものを指します。

このグルテンという物質は消化がしづらい点から腸への悪影響を及ぼしたり、さらには頭痛や不眠症などさまざまな体の不調の原因となっていることも。

それらの症状を改善するべく多くの人が取り入れているのが、このグルテンフリーという食事法なんです。

グルテンフリーとは、パンやパスタなどの小麦製品はもちろん、ケーキやクッキーなどのスイーツ類、市販のカレー粉、さらにはお酒など、グルテンが含まれる食品を摂取しないよう意識した食事法になります。

食材制限が多いのは確かですが、グルテンフリーを始めてから慢性的な体の不調が一切なくなったという人もいたりと、多くの人に絶大な支持を得ているんです。

グルテンフリーとグレインフリーの違いって?

グルテンを含む小麦製品などを摂取しない食事法を指すグルテンフリーですが、言葉もなんとなく似ている事からグレインフリーとの違いが分からないという人もいるのではないでしょうか。

最近ではグレインフリーのドッグフードやキャットフードなども販売されているため、ペットをを飼っている方などは特にこの2つの言葉をよく耳にするかもしれません。

グルテンは先ほども少しご紹介した通り、小麦粉などに含まれるタンパク質のことを指します。

一方でグレインとは穀類を指す言葉であり、お米やトウモロコシ、小麦、大麦などの麦類が主な食材になります。

どちらも小麦に通ずるもののため混同してしまいやすく言葉自体も似ている2つですが、グルテンは特定の物質であるのに対しグレインは穀物全体を指す言葉という違いがあります。

そのため小麦アレルギーや穀物アレルギーを持つ場合は、迷わずグルテンフリーの食品を選んだほうが良いでしょう。

グルテンフリーとダイエットの関係性

グルテンフリーダイエットなんていう言葉もよく耳にしますが、グルテンフリーはダイエットにも効果的だと考えている人は多いと思います。

ですが、グルテンを避けること自体がダイエット繋がるという医学的な根拠はないとされています。

ではなぜ、グルテンフリーを実践した多くの人がダイエット効果を得られたのでしょうか。

その大きな理由として考えられるのは、グルテンフリーを意識するようになったことで食生活が大幅に改善されたためというもの。

グルテンが含まれる小麦製品には、ラーメンやピザ、菓子パンやケーキなど高カロリーな物が多いですよね。

ですがこれらの食べ物は私たちの生活にとても身近なため、気づかないうちにかなりのカロリーを摂取してしまっているという人も多いと思います。

しかしグルテンフリーの食事法を取り入れたことにより小麦製品を口にしなくなり、自然とカロリーの摂取量が低下したことでダイエットにも繋がる場合があるのです。

また、グルテンは依存性の高い物質であることも分かっており、何気なく小麦製品を口にしているだけでも知らず知らずのうちにグルテン依存になっていることも少なくないんだとか。

グルテン依存の状態になってしまうと「無性にラーメンが食べたくなる」「お腹が空いているわけでもないのにパンが食べたい」といったように、異常に小麦製品を欲するようになるのです。

そこでグルテンフリーの生活をすることで体がグルテンを欲することも少なくなり、このような小麦製品の食べすぎ防止に繋がり結果としてダイエットにも繋がるのです。

グルテンフリーを取り入れれば必ず痩せるという根拠はありませんが、食生活が改善されることからダイエット効果が期待できる場合も多いのです。

アレルギーがあっても安心できる理由

グルテンフリーが健康に良いのは何となく分かるけれど、小麦アレルギーを持つ人にとっては意味ないのではないかと思う人もいるかもしれません。

ですが、グルテンフリーの食事法は小麦アレルギーの人にとっても安心して実践できるものなんです。

というのも、そもそもグルテンフリーは小麦アレルギーを持つセリアック病患者のために生み出された食事法になります。

セリアック病とはグルテンを摂取することにより小腸に炎症が起こり、それにより栄養を上手く吸収できず腹痛などのさまざまな症状が現れる病のことを指します。

このセリアック病の主な治療法として生み出されたのが、グルテンを含む食材を一切取らないよう意識したグルテンフリー。

そのため、グルテンフリーは小麦アレルギーの人でも安心して取り入れる事ができる食事法なのです。

グルテンフリーと食べ物のまとめ

ここまで、グルテンフリーについてやグレインフリーとの違い、グルテンフリーとダイエットとの関係性などについてご紹介してきましたが、何か参考になることはありましたでしょうか?

健康に良いとして話題沸騰中のグルテンフリーですが、自分は小麦アレルギーではないからとあまり詳しく知ろうと言う人も多いと思います。

ですが、今あなたが抱えている慢性的な頭痛や疲労感、不眠は、もしかしたらグルテンによるものかもしれません。

今までは小麦製品の摂取量なんて気にしていなかったという人もぜひ本記事を参考に、グルテンフリーの食事法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。