グルテンフリーを生活に取り入れよう!グルテンフリーの適切なやり方をご紹介!

近年世界中で注目を集めているグルテンフリーですが、健康に気を使っているという人であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

数多くの有名人が実践しており、さまざまなメリットが得られることから多くの人が関心を寄せているグルテンフリー生活。

ですが、その効果ややり方がいまいちよく分からないという人もいると思います。

そこで本記事では、グルテンフリー生活の主な効果や実践の仕方、注意点についてご紹介していきたいと思います。

グルテンフリーとは?食事からグルテンを抜くと起こること

世界的に有名なプロテニスプレイヤーであるジョコビッチ選手が実践したことを機に、一躍話題となったグルテンフリーという食事法。

グルテンフリーとは、名前の通り普段の食事においてグルテンの含まれる食材を避ける食事法であり、パンやパスタ、揚げ物やケーキなどの小麦製品、またグルテンが含まれているとされている醤油や味噌などを一切摂取しないというものです。

そんなグルテンフリーですが、グルテンを避けた食生活を送ることでさまざまなメリットが得られる反面、人によっては好転反応と呼ばれる症状が見られる場合もあります。

というのも、人間の体は何らかの物質を急激に摂取しなくなると、その反動により離脱症状とも言えるさまざまな不調が見られることがあるのです。

この不調としては頭痛、吐き気、体のだるさ、慢性的な眠気などがあるとされており、普段からグルテンの摂取量が多い人ほどこの好転反応は長く重く現れるとされています。

また、グルテンフリーによる効果はこの好転反応の期間を超えてから現れるため、グルテンフリーを始めたばかりで体調を崩してしまってもすぐにはやめず、様子を見てみるのが良いでしょう。

グルテンフリーの効果とは?

健康に良いとして多くの人が実践しているグルテンフリーですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか?

①ダイエット効果

グルテンフリーにより得られる一つ目のメリットは、ダイエット効果です。

小麦製品には高カロリーなものが多く、グルテンを避けることを意識するだけでそれらを口にする機会も減り、自然と摂取カロリーが押さえられるためダイエット効果にもなるのです。

また小麦粉にはエクソルフィンという中毒物質が含まれており、グルテンフリーを意識することで食べすぎの防止にも繋がります。

②腸内環境が整う

グルテンフリーにより得られる二つ目のメリットは、腸内環境が整うことで肌荒れや睡眠障害の改善に繋がるというものです。

実は私たち人間にとってグルテンは分解しにくい物質であり、消化の際に腸に与える負担も大きいことから腸内環境の働きが滞ってしまう原因になることも。

しかしグルテンの摂取量を減らすことで腸への負担も減り、胃腸の働きが改善されるとともに栄養の吸収率があがることで肌荒れや睡眠障害などの改善にも繋がるのです。

グルテンフリー生活のやり方を解説!どんな食生活にすべきか

グルテンフリーが健康に良いのはなんとなく知ってるけど、具体的なやり方や始め方が分からないという人もいるのではないでしょうか。

グルテンフリーとはいわば食事制限と似ており、グルテンの含まれる食材を避けることが一番のポイントです。

始めてから一週間ほどは好転反応が起こる場合もあるため、最低でも二週間ほどは継続するようにしましょう。

また一つ注意したいのが、パンやパスタなどの原材料が小麦由来のものでなくてもグルテンが含まれている可能性があるということ。

例えば、私たち日本人にとっては欠かせない醤油や味噌、さらにはケチャップなどにもグルテンが含まれている場合があるため、しっかりとパッケージなどの原材料を見て使用,購入するようにしましょう。

グルテンフリーの生活を送る上でおすすめなのが、和食中心の食事を心がけ自炊をするということです。

普段忙しくてなかなか自炊ができないという人や好きなものばかり食べている人の多くは、無意識のうちにグルテンの摂取量が多くなってしまう傾向にあります。

そのため、しっかりと原材料にこだわり、和食メインの食生活にするだけでも苦じゃなくグルテンを控えることができるのです。

グルテンフリーを行う上での注意点

沢山のメリットが得られるグルテンフリーですが、その反面注意しなければならない点も存在します。

それは、栄養面についてです。

というのも、グルテンの含まれている小麦や大麦には食物繊維が含まれており、ただグルテンを抜くということだけを意識してしまうと食物繊維が不足してしまいます。

食物繊維の不足は便秘を引き起こし、最悪の場合は痔や大腸がんへの近道にもなってしまいます。

グルテンフリーの生活はただでさえ食物繊維やミネラルなどが不足してしまうため、その他の食材でしっかりと栄養を補うことも意識するようにしましょう。

さらに注意したいのが、無理のない範囲で行うという点です。

グルテンの摂取量を減らすことが体に良いのは事実ですが、その反面食材の制限もかなり厳しいですよね。

そのため、あまりにも我慢をしすぎてしまうと精神的なストレスの原因にもなりかねません。

心の不調は体の不調を引き起こす原因にもなり、健康のために行っていたものがストレスの原因となってしまっては元も子もありません。

これからグルテンフリーを始めてみようという人は、ぜひ自分の心身と相談しながらストレスのない範囲で行うようにしましょう。

続けるためには?グルテンフリー生活がマンネリしてきたら?

先ほども少しご紹介したように、グルテンフリー生活にはかなりの食材制限があるため、どうしても辛くて続けられないという人や食事がマンネリ化してしまい続けられないという人もいると思います。

そんな人におすすめしたいのが、食事にグルテンフリー商品を上手く取り入れるという方法。

実は近年グルテンフリーが注目を集めている事を機に、多くの会社がグルテンフリーに特化した商品を販売しているんです。

例えば、玄米粉や米粉のみで作られたパンや麺、さらにクッキーやバームクーヘンなどのお菓子類など、グルテンフリーを意識している人でも小麦製品のような味わいを楽しめる商品が沢山あるんです。

そのため、食材制限は多いものの、グルテンフリー対応の食材を上手く取り入れることでマンネリ化を防ぐことができ、ストレスなくグルテンフリー生活を続けることができます。

グルテンフリーのやり方まとめ

ここまで、グルテンフリー生活のやり方やその効果、注意点などについてご紹介してきましたが、何か参考になることはありましたでしょうか?

グルテンフリーには沢山のメリットが得られる一方で、知っておきたいデメリットなども存在しています。

もしこれからグルテンフリーを始めてみたいという人は、ぜひ本記事を参考にあなたに合ったやり方で始めてみてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。